●アレクサンダーテクニークって何?

毎日使っている“自分“の使い方を改めて学ぶレッスンです。

自分自身の気づきや考え方を使って、心と身体の協調性やバランスを取ることによって、日常に行なっている動作の習慣を変えるテクニックです。

レッスンの中では、椅子に座る・椅子から立つ・歩くといった動作を通して、これらの日常的に、習慣的に行なっている動作を、少し時間をかけて見つめ直します。その過程で頭ー首ー背中の関係がどうなっているか、呼吸がどうなっているかなど 自分がどのように反応してるかに気づき、それをより効率的な動きを選ぶことで、より楽で自然なやり方を見つけていきます。楽器演奏、歌、ダンス、デスクワークなどのアクティビティーを通しての取り組みもしています。

動作をすることを考えた瞬間、動いている最中、次の動きのことを考えた瞬間、人混みにいたり、時間に追われていたり、などの自分の内部からの刺激や外部からの刺激に対して、様々な習慣的な筋肉や感情の反応がありますが、その場面で適したものなのかどうかに注目し、どうすれば全体性を含めた最適な手段で動作ができるのかを見つけます。最適な手段を選ぶことで、日常生活の基盤となる呼吸や姿勢に好影響をもたらします。

●私のアレクサンダーテクニークとの出会い

長年、右半身の痺れに困っていて、なんとかならないものかと、レッスンに通い始めました。数回のレッスンで身体も気持ちもとても楽になりました。なぜ楽になったのかをより深く知りたかっ たので、教師になるためのトレーニングコースに通い始めました。

●どのような人が対象ですか?

ミュージシャン、俳優、ダンサー、スポーツ選手などのパフォーマンスを改善したい方、 オフィスワークや家事で体の負担を軽減したい方、 気持ちが晴れないでモヤモヤしている方、慢性的な痛みや怪我を予防したい方、心と身体のバランスについて興味がある方、など全ての方が対象です。

●レッスン代 

    1回 60分 5,500円

●場所

 現在、関西を中心に教えています。

 宝塚教室、大阪梅田教室(別途スタジオ代1200円)

 ご自宅などの出張レッスンもしています。

Takehiro photo

清水勇博 Takehiro Shimizu

アレクサンダーテクニック教師 (AmSAT)

 

2020年にAmSAT(米国アレクサンダーテクニーク教師協会)の認定を受け、アレクサンダーテクニークを日本とNYで教え始める。

10代の頃からジャズドラマーとして活動していたが、右半身の痺れを持つようになり、アレクサンダーテクニークのレッスンを受け始め、症状の軽減を経験したことをきっかけにより深く学ぶため、2016年NYCにあったAmerican Center for the Alexander Technique (ACAT)に入学。2018年よりBalance Arts Center (BAC) に編入し、計1,600時間以上のトレーニングを受け、卒業。

 

日常生活の中で、自然に楽に、より心と身体が調和する方法を、共に改めて発見していけるようなレッスンを心がけている。

 

プライベートレッスンの他に、グループクラスの経験もあり、ニュースクール大学ジャズ科、マネス音楽院でのクラスでの指導、The Artist Gymでの俳優のためのクラスでの指導、EDS(エーラスダンロス症候群)患者のためのアレクサンダーテクニッククラスでの指導などに取り組んでいる。

 

日本語の他に英語でのレッスンも可能。

 

甲南大学文学部人間科学科卒業。在学時は哲学、心理学を学ぶ。

20年以上ドラマーとして演奏活動をしている。

最近の趣味は、瞑想、読書。あと逆立ちができるようになりたい。

lesson photo1
lesson photo1

lesson photos

press to zoom
lesson photo2
lesson photo2

lesson photos

press to zoom
lesson photo6
lesson photo6

lesson photos

press to zoom
lesson photo1
lesson photo1

lesson photos

press to zoom
1/6